岡本製甲株式会社

靴の画像靴OEM:国内工場と海外工場での「ものづくり」

私たちの強みは、国内自社工場と海外数社の協力工場と連携しており、小ロット、大ロット両方の生産対応が可能な靴メーカーです。50年以上の生産実績を持ち合わせており、企画から生産、品質管理、納品迄を一括で安心してお任せください

靴OEM Pick Up

野球

野球スパイクシューズ

カジュアル

カジュアルシューズ

足袋

足袋シューズ

 

OEMの流れ

受注から生産までにはいろいろな工程があります

流れ

企画

お客様のご要望に沿える形にしていくためにコンセプト、デザイン、足数、価格などを納得のいくまでご確認、打合せを行います。弊社はこれまでの実績からノウハウを駆使し、お客様のご要望にあった商品づくりのためのご提案をいたします。

 

下へ移動

企画写真

裁断

抜型という刃物で、革などのアッパー部品を
切り抜く作業を裁断と言います。
材料のロスを小さくする為に、大小異なる抜型を組み合わせての裁断が必要で経験とセンスを要します。
*アッパー:靴の底以外の甲の部分全体

 

下へ移動

OEM裁断

縫製

素材、製法の違いで数種類のミシンを使い分けて
アッパーを完成させます。
裁断された形状に沿って緻密で正確な技術を要し、
ここで靴の良し悪しが決まります。

工場全体

下へ移動

縫製写真

成型

ラストといわれる靴の立体原型(木型)に縫製完成品を機械や手によって吊り込み、立体化する。アッパーの端を均等に引張り、ラストに沿わせないと靴が変形をおこす。
*つり込み:写真参照

 

下へ行く

OEM写真成型

写真底付け

底付けは、糊の種類や素材への下処理、温度、乾燥管理など作業前の準備が最も重要です。貼り合わせる技術向上は、数をこなす以外ない。糊の塗布も刷毛でガシガシ擦らず、糊をそっと載せるように均一に塗るのがコツ。

 

写真下へ

写真底付け様子

仕上げ工程

底付けが終わった靴を製品箱に入れるまでの作業。工程途中で付着した汚れを取り除き、靴紐や値札などを取り付けます。お客様が箱を開けた時、ピカピカの靴を見て喜んでもらえるように心を込めて作業しています。

 

OEM終了

仕上げ写真