ランプロさんと外反母趾と素足と足袋型シューズと。。。

皆さんこんにちは!

 

 

前回の宣言通り、今回は「ランプロイベント」でのお話をしていきたいと思います!

 

筆者、約束は絶対に忘れません!!

 

 

 

 

皆さんに伝えるべきことは分かりやすく解説していくのがモットーなので(^^)/

 

 

おい、ほとんど筆者の自己満に近いものがあるんじゃないのか。。

 

 

 

え、なんすか?

 

 

 

 

 

色んな意見が飛び交いそうですが、筆者の気持ちはただ一つ。

 

 

楽しく、分かりやすく、そして面白く、足袋型シューズを伝えていくこと。

 

 

 

 

 

はい、いい感じに今回もスタートしたので、改めて、先日行われたランプロさんとのコラボイベントの事についてお話しますね(^^♪

 

 

 

実は、今回のこのイベントなんですが初めてランプロさんとコラボイベントをしたんです(^^)/

ランプロというのは

「走るをプロデュースするランニング専門店」

としてランニングシューズを取り扱っているお店なんです(^^)/

 

さらにランニングの講習会もしていてナイトランや商品紹介なども行っていて、まさにランニングを始めたい人、本気で走りたいと思っている人にはもってこいなお店です(^^)/

 

 

そんなランプロさんは足袋型シューズ「ジパング」を取り扱っていただいていまして、精力的に足袋型シューズをPRしていただいているんです!

 

 

そういった中で実現した今回のランニングイベントは本当にどうなるのか分からなかったのですが、結果的にとてもいい形でイベントを終えることができました(^^)/

 

 

当日はランプロさんのお店で筆者がジパングの機能性や足袋型シューズがどうして足に優しいのかなどを説明して、そのあとに実際に試し履きをして効果を実感してもらうといった流れでした(^^)/

 

 

やはり、ジパングさんの良いところは「素足感覚」で履くことができる。

 

ということ。

 

当日の参加者には「指が使いやすい」「蹴り出しがしやすい」「走るときのブレが少ない」というところを説明しました。

 

 

そして、実践では参加された方に

 

裸足になってもらいました(^^)/

 

 

 

「え、なんで裸足にしたのよ!?」

 

 

 

それはですね、みなさん、

 

 

アスファルトの上を裸足で走っている自分を想像してみてください。

 

 

 

「いたたたたたたた、いーっ。」

 

 

 

 

ってなりますよね?

 

 

 

そうです、痛いです。

 

 

 

 

 

あ、いやではなく

 

 

かかとを接地して走っていますか?

 

 

 

 

もしわからなかったら、家の中を走ってみてもいいかもしれませんね(^^♪

 

 

 

多分、裸足になるとかかとは接地せずに走っているんじゃないかと思います!

 

 

 

どうしてかというと、

 

「衝撃が大きいから」

 

 

です。

 

 

 

要は裸足になると必然的にミッドフット走法になるのです!

 

 

 

へ?

 

 

 

ミッドフット走法ってそんな簡単にできるの?

 

 

 

 

できるんです!

 

 

 

実はこれ、筆者も正直感心したところで、当日の参加者に裸足になってもらった狙いとして「裸足になるとかかとを付かなくなる」ことを伝えたかったようで、

ジャンプをしてもかかとから接地しないのも同じ原理だそうです。

 

 

つまり、衝撃力を吸収するためにはミッドフットで着地するのが最も緩衝しやすいということなんですね(^^♪

 

 

 

これには筆者もびっくり。

 

 

 

そして、ミッドフットをお勧めするもう一つの理由として

 

「腱反射」

 

 

が使えるということです。

 

 

 

あ、これは4代目バルタン君の記事でもありましたね(^^♪

http://shoesoem.jp/blog/2018/03/15/4%e4%bb%a3%e7%9b%ae%e3%81%84%e3%81%8d%e3%81%be%e3%83%bc%e3%81%99%ef%bc%81%ef%bc%81/

 

腱というのはバネのような働きをしていて、伸ばされた分だけ収縮してバネとして機能する。

 

かかとを上げて接地すると反動でかかとが下に下がり、収縮しようとして戻ってきて、それが蹴り出しにつながる流れになります。

 

 

ミッドフット走法のいいところはそれが使えるということですね(^^♪

 

 

 

そして、もう一つ。

 

腱反射というところでは以前に「プロングホーン」のお話をしたと思います(^^)/

 

 

プロングホーンのかかとの位置、覚えていますか?

http://shoesoem.jp/blog/2017/10/20/%e8%b5%b0%e3%82%8a%e3%81%af%e9%80%b2%e5%8c%96%e3%81%97%e3%80%81%e3%82%88%e3%82%8a%e5%8a%a0%e9%80%9f%e3%81%99%e3%82%8b%e3%80%82/

 

ここですよ!

 

 

 

アキレス腱、超長いっ。(笑)

 

 

だから、速く走れるし長い時間走り続けることができる。

 

 

 

 

このお話を参加された方にお話をすると

 

 

 

「おおー、でぇれぇのー!(すごいなー)」

 

 

と感銘を受けておられました(^^)/

 

 

 

そして、ここが本題。

 

 

そんなミッドフット走法ですが、実はこのジパングさん、ミッドフットで着地がしやすいシューズとして研究でも表れているんです(^^)/

 

 

ほら、ここ!

 

一点にまとまって接地して着地していますよね?

 

 

 

 

さっき言った、腱反射が行いやすく、次の動作に移りやすい結果となっているんですね(^^♪

 

 

 

実際に履いてみると、参加された方が言うことには

 

「ミッドフットで着地が自然とできる。」

 

 

「最初はソールが硬いと思ったけど、この走り方ならクッション性があるように感じる。」

 

 

 

 

 

「ぼっけぇ!(すごい)」

 

 

 

 

履いていただいた、参加者のみなさん、大満足していただけました(^^)/

 

 

 

講習会が終わってからは「これください!」と多くの方が足袋型シューズの良さに気づいていただき、ご購入いただいた方も何人もいました(^^)/

 

 

 

 

講習会をやってみて、筆者も本当に勉強になったというか、改めて足袋型シューズの良さを知って、まだまだ可能性のあるシューズだということを知りました。

 

 

 

実際にお客様の生の声を聴くのはなかなかないので、今回のイベントのように直接お話を聞くことができて本当に楽しく感じました(^^)/

 

 

今回をきっかけにまた別の場所でイベントを行いたいところです(^^)/

 

 

もっと皆さんに知ってもらえるように邁進してまいりますので、これからも足袋型シューズラフィートをよろしくお願いします(^^)/

 

 

 

それではまた!

 

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/

◆インスタグラム http://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/

足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇
https://seikou003.stores.jp/
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

イベント情報!

皆さんこんにちは!

 

さくら舞い散る季節。

 

 

 

 

 

 

 

いいっすね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

暖かくなると色んなイベントがあって、なんだか岡山の街もいつもより活気づいているような感じがします(^^)/

 

そんな中、岡本製甲もここぞと言わんばかりにイベントに出店します!

一応、現在分かっている出店予定のイベントをまとめてみました!

 

アクティブシニア

日にち:4/14(土),4/15(日)

場所:岡山県岡山市北区大内田675 コンベックス岡山

 

 

阪急百貨店催事

日にち:6/1(金)~6/4(月)

場所:大阪府大阪市北区角田町8−7 阪急百貨店 ※詳細は未定

 

 

八木橋百貨店催事

日にち:6/14(木)~6/18(月)

場所:埼玉県熊谷市仲町 74 八木橋百貨店

 

 

となっております(^^)/

 

 

 

うお、意外と全国各地を回っている!

まだ未決定なのですが、もしかすると名古屋や神戸の方でもあるかも。)ボソボソ

 

岡本製甲の三代目バルタンの全国ツアーも夢じゃありません👍!

 

 

 

 

 

一体何なのさ!!

 

 

 

と思った方、私の術にはまりましたね。

 

 

 

 

 

 

詳しくはまたSNSやDMなどでお伝えします(^^)/

 

 

ご興味ある方はぜひご参加ください!

 

 

 

 

 

 

今後も色んなイベントに出てまいりますのでお近くにお住まいの方、ぜひこの機会に足をお運びくださいね(^^♪

 

 

 

今回はイベント情報の内容でした(^^)/

 

 

また来週は先日行われたランプロイベントのお話をしていこうかと思います(^^)/

 

それではまた!

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/

◆インスタグラム http://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/

足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇
https://seikou003.stores.jp/
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

 

子どもの足も外反母趾なんかのぉ。

皆さんこんにちは!

 

今回は子どもの足のことについて記事を書いていこうと思いまして、先週から色々情報を集めてまいりました(^^)/

 

その中で興味深いことがあったのでみなさんにお知らせできたらなーと思ってます✌

 

 

どうして、子どもの足の事を書こうかと思った理由としては、先日福山マラソンに出店したときに陸上競技をしている小学生の足を見た時の事を思い出したんです。

 

 

 

 

 

そもそもなんですが、

 

 

 

 

 

 

外反母趾って知ってますよね?

 

 

 

 

 

 

 

知ってなかったらこれまで筆者が書き続けた記事を1から読んでもらわないと困るなー。

 

 

 

毎回書いていますが、全て読み終えるまで大体2分くらいかかるみたいですね。

 

 

 

 

文字量でいうと、2000文字程度。

 

 

 

 

 

 

 

 

おい、待てよ。

 

 

 

 

 

 

筆者、毎週原稿用紙5枚分も書いているのか!?

 

 

 

 

何に驚いているかっていうと、

 

 

 

筆者、日記を書くのがあまり得意ではなくてですね。。。(笑)

 

 

 

 

 

昔、小学校の先生から言われたことがあり、

 

 

先生「日記はその時の気持ちやその時に発した言葉などを書くととてもいい日記になります。」

 

先生「たくさん書いた人は💮あげます✨」

 

と教えてもらいました。

 

 

 

思い出してもらえると分かるのですが、原稿用紙に言葉を書くときは「」が必要になり、そのたびに改行しないといけません。

 

 

つまり、日記が得意ではない人からすると、「」を多用することで枚数稼ぎになるんです!(笑)

 

そして、感情も表現することができるのでこれ以上の都合のいいことはない!

 

 

 

 

 

 

 

 

筆者、乱用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら、怒られました。(笑)

 

 

 

 

 

え、なんでかって?

 

 

 

 

 

 

ほとんど「」で終わらせたからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日記って難しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というか、かなり話が逸れました。

 

 

 

 

えっと、子どもの足の事でしたね(笑)

 

 

 

 

 

外反母趾は知っていますよね☺

 

 

 

 

 

 

親指の根元がぽこって出っ張り、指が内側に向いてしまっている状態の事です。

 

 

これが典型的な外反母趾です。

 

 

 

 

なんとなく、見慣れた感じ。

 

 

 

 

では、これはどうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

まっすぐに見えて、よく見るとまっすぐではない….?

 

 

 

んー、なんか指先だけが曲がって見えます。

 

 

 

 

 

そう、実はこれ小学生の足の形なんです。

 

 

 

 

 

指先の方向が若干内側を向いています。

 

 

 

 

でも、どうしてこうなるんでしょうか?

 

 

 

 

そもそも子どもは中学生くらいになると足の大きさが決まってきます。

 

しかし、それまでの成長は計り知れないくらいの勢いで大きく成長します。

 

 

生まれてから足はおよそ15cmくらいは大きくなるはずです。

 

また、足の構造はお椀のような構造をしていて、それがクッションの役割を果たしていることは以前にもお伝えしました(^^)/

http://shoesoem.jp/blog/2017/11/22/%e8%b6%b3%e8%b6%be%e2%86%90%e3%81%93%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%a8%e8%aa%ad%e3%82%80/

 

このアーチと呼ばれるものは大体小学生中学年くらいで形成されてきて、大人になるとほとんど成長が止まってしまうんですね。

 

 

そのなかで遺伝だったり、環境だったりで足の形が変わってきます。

 

 

その中でやはり一番大きな要因となるのは

 

 

 

「靴」

 

 

 

 

実はさきほどの子どもの足なんですが、断定はできないのですがおそらく靴の拘束によって指が内側に向いているのではないかと考えられます。

 

 

いわゆる外反母趾予備軍的な。。。

 

 

 

既にこのころからそういった疾患になりつつあると考えるとちょっと怖いですよね。

 

 

 

 

やはり、子どもの成長は早くてシューズ選びには困っている方は多いかと思います。

 

大きすぎてもダメ出し、小さすぎてもダメ。

 

 

けど、ピッタリサイズを買うとすぐに小さくなって買い替えなきゃいけなくなる。

 

 

 

んー、こまった。

 

 

 

この問題はかなり難しい。

 

 

 

 

岡本製甲では少しでもそういったことを解決したくて足袋型シューズを開発したのも理由の一つです。

 

 

 

なので、試作段階ではありましたがじつは子ども用の足袋型シューズも作っていた時もありました。

 

 

けど、当時あまり足袋型シューズが認知されていなかったこともあり、この企画は一度ストップ。

 

 

 

しかし、現在子どもの足袋型シューズを再開発する話も進めています!

 

 

 

まだ、いつ発売するのかは未定ですが近いうちに子どもの足袋型シューズを販売するのはお約束します(^^)/

 

 

 

 

で、結局何が言いたかったのかというと

 

 

 

 

 

子どものころからしっかり足の事について考えて、一人でも多くの人が外反母趾にならないように岡本製甲は足の健康が守れるような靴を皆さんに提供したい。

 

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

子どもの成長は本当に著しくて、昨日できなかったのに今日ができるというミラクルを起こしてれる可能性があります。

 

やはり筆者としてはそんな未来の可能性を秘めた子どもの健康を守っていきたいと考えていて、

 

 

作文でずるいことをするような子どもを育てたくない

 

 

と考えています!!

 

 

 

 

すこしだけ、今回は足袋型シューズとは関係のないお話になりましたが

 

暇つぶしになっていたら幸いです(^^)/

 

 

 

それではまた次回!!

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/

◆インスタグラム http://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/

足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇
https://seikou003.stores.jp/
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

 

外反母趾はしゅえーんじゃ。

皆さんこんにちは!

 

春です!(どどんっ!!)

 

 

 

 

 

 

あ、別にここから話を掘るつもりはないです。

 

ただ、一番最初に思いついたことをふつーに言ってみました。

 

 

 

おい、そんなてきとーなことゆーとらんで、なんかせぇーや(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

 

 

こんな後にも先にも立たないことをしてしまってはただただ自分の首を絞めるだけ(;’∀’)

 

 

筆者よ、何かないのか!?

 

 

 

 

 

あ、ありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

ほんなら今回はこの前の出店イベントの事について感じたことをぼやいてみましょうか(´・ω・`)

 

 

 

 

実は先日、久しぶりにマラソンイベントに出店をしたんです。

 

 

 

広島県の福山市で行われていた「福山マラソン」です(^^)/

 

 

 

 

 

以前も福山マラソンへは出店してはいたのですが、色々とあってここ数年出店は控えていたのですが、

今回、ジパングさんのご機嫌が大変よろしいとのことで筆者もスタッフとして販売をしました(^^)/

 

 

当日はウォーキングコースもあり、てっきりフルマラソンを本気で走る方の集まりなのかと思っていたのが違い、親子連れや高齢の方もたくさん参加していました!

 

 

 

 

 

元気な高齢者「あらあんた!これドラマのやつじゃないの!?いやぁーねぇー!( ´艸`)」

未来を担う子どもたち「うおー!陸王じゃが!! 母さんこれ家に飾ろう!!ほしい!!」

ランナーさん「おっ!足袋型シューズだって!」

 

 

 

 

元気な高齢者から小さな子どもまでみんな通りがかりに注目をしていいただいてたくさんの方が興味を持っていました。

 

 

 

こんなに注目を浴びていてはジパングさんもご満悦!(^^)!

 

 

筆者も気をよくしてしまって、思わず。

 

 

 

 

「僕、茂木選手です!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えー、緊急事態です。

 

 

やらかしました。

 

夢と希望をすべて失いました。

 

 

 

 

 

 

 

なんとか弁解するのがやっとでした、ハイ。

 

 

 

 

 

 

筆者のメンタルとは裏腹にジパングさんはとても興味を持っていただいて、多くの方に試し履きをしていただきました(^^)/

 

 

 

やはり、多かった感想が

 

「すごく軽い」

 

「指が使える」

 

「身体が前に出やすい」

 

 

などみんな走りやすいという表現をしてくれました!

 

 

 

 

けど、中にはこんな方も

 

「これってサブ3行けるんですか?」

 

 

 

 

へ、サブ3?

 

 

 

 

実はこのサブ3という言葉、ランニング界では常識的な言葉でフルマラソンタイムを3時間切ることを指しているんです。

 

ネットでも色んなことが書かれていて、サブ3を目指すために必要なトレーニングだったり、サブ3を達成する人はマラソン大会参加者の5パーセントほどだったりと

ランニング業界には色んな専門用語があります(^^)/

 

 

ほかにもミッドフット、ベアフット、ゼロドロップ、サーフェスなどなど色んな横文字が出てきたりもしました。

 

 

 

 

だけど、一番話の話題になったことがありました。

 

それは

 

 

 

「クッション性」

 

 

 

 

これ、実は今かなり話題となってまして

 

 

代替えして言うと、厚底派と薄底派で意見が分かれていたりもしているんです(^^)/

 

 

 

 

クッション性があるというシューズというのはソールがとにかく厚くて、見た目的にぼてっとしているシューズが多いです。

 

 

 

世間では厚底がいい、薄底がいいと意見が分かれていることもしばしば。

 

 

 

極論、そこは人の好みによって分かれてしまいます。

なのでランニングシューズを選ぶ際は自分がピッタリだと思うシューズを履いていただけたらと思います(^^)/

 

 

走りやすい走りにくいはともかく、見た目であったり雰囲気であったりもやはりランニングには少なからず影響してくるはずなので(^^♪

 

 

 

 

しかし、この厚底のランニングシューズ。

 

ちょっとしたからくりがあるんです(^^)/

 

 

 

 

例えば、このラフィートさん。

横から見るとソールが結構厚いように見えるかと思います。

 

 

しかし、実際はソールの厚みというのはこの半分くらいでクッション性の厚みでいうと見た目よりも薄いのです。

 

だからといって薄くてクッション性がないわけではありませんからね💦

 

ジパングさんも含め、ラフィートさんもあるクッション性のあるソールを採用しているので決して薄すぎるということはありません

 

 

これを違うシューズに置き換えると、この商品はめちゃくちゃ厚く見えますが実際のところはこの半分くらい。

だけど、ラフィートさんよりも実際のソールは厚いので、やはり見た目通りクッション性が高い印象を受けます。

 

 

実際に福山マラソンで履いているランナーの中にも厚底のシューズを履いている方が何人もいました!

 

 

一般的なイベントと比べて、さまざまなシューズを履いて出場されている人を見るととても勉強になるし、出場される人の勢いが本当に感じました。

 

 

じつはこの福山マラソンでも数人足袋型シューズを履いて出場されていた方がいまして、本当にありがたかった!

 

みんな走りやすいと言ってくれました(^^)/

本当にうれしいですね!

 

 

あとジパングさんはたくさんの人に履いていただき、たくさんの意見を聞きました(^^)/

 

 

もちろんサブ3やマラソン感想をされる方の意見は「トレーニング用として使える」という言葉です。

 

やはり指が使えるのでジパングで足力を鍛えて、本番では履きなれたシューズを履くという方法がありました。

 

ジパングは全ての人がランニングをしてほしいと言っているわけではないですし、こうやってトレーニング用シューズでも利用いただけることは本当に嬉しかったです(^^)/

 

 

 

色んな可能性を見出してくれるジパング

 

 

今後もこうご期待ですね(^^♪

 

 

 

 

次回は何のお話をしましょうか。

 

 

次回もお楽しみに!

 

 

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!

色んな情報がてんこ盛り(^^)/

 

◆インスタグラム http://instagram.com/lafeet.zipang

◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR

◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/

 

足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇

https://seikou003.stores.jp/

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

 

4代目いきまーす!!

皆さんこんにちは!

 

前回の投稿を見ていただけましたか?

 

今回は4代目バルタン君がラフィートの魅力を紹介してくれます!✨

 

では早速ですが、4代目バルタン君!よろしく!

4代目バルタン君「はい!頑張ります!」

 

筆者「今回はなにやら、陸上競技のことについてやっているんだってね!」

 

4代目バルタン君「そうなんです! 僕は陸上競技で3段跳びをしていて、今回はそのことについて書いてみました!」

 

筆者「うむ!しっかり頑張りたまえ(-“”-)」

 

※以後、4代目バルタン君が記事を書いています。若干筆者とは表現が違いますので新しい気分でご覧ください(^^)/

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

始めにお伝えしえおきます。

科学的根拠はあまりありません!

すべて僕のこれまでの経験と実際にやってみての感想です。

なので、間違っているとこもあるかもしれません。

その点はご理解ください ^₋^;

 

では早速!

なぜ、かかとを削ってもらおうと思ったのか説明しますね。

遡ること一年前、僕は走力を高める方法を探していました。

筋トレしてるし、ダッシュもしてる!でも全く速くならないT.T

そんな時、一人の指導者に出会いました。

その方いわく、ばねの強化をすると良いよ!とのことでした。

ばねの強化ね~

ばねの強化というと

ボックスジャンプ

上の絵のように、ボックスを使って連続でジャンプしたり

 

ハードルジャンプ

ハードルを連続で跳び越えたりと

ばねの強化はとにかくジャンプです!

でもその人は違いました。

もちろんジャンプ系のトレーニングはしますが、普段はいているランニングシューズのかかとをばっさりと切り落としたそうなんです!

 

イメージはこんな感じです↑

すごい形ですよね!

 

なぜここまで削られたのかというと

走るとき、接地するとまず足のアーチに負荷がかかり伸ばされます。

そして次に腱が伸ばされます

 

つまり、このかかとを削った靴を履いて練習をすれば、走りながら腱を鍛えられるんですよ!

 

すごく効率的!

 

でも本当にそうなるのかな?

 

 

あれこれ考えても実際にやってみないとわかりません!

 

 

ということで、岡本製甲で作ってもらいました!

 

(ちなみに足袋型です!)

そうして出来たのがこちら!

 

 

上が一般的に販売されているラフィートzipangで下が作っていただいたものです!

 

 

かかとの厚さが違うのがわかりますか?

 

さぁこの靴の感想は・・・

 

 

一言でいうとすごい!!

 

 

 

ぜひ一度皆さんにも履いてもらいたいです!

 

何がすごいのかというと先ほどの説明にあったように腱にちゃんと効くんです!

 

 

最近はどれだけ走っても筋肉痛にならなかったのにこの靴を履いた次の日、ひどい筋肉痛になったんです!

 

 

さらに足の前面で接地するのでよりつま先にも負荷がかかって普通に歩けなくなるほどでした。

 

ちょっと待った!!

 

 

 

足の前部分で接地するのに何で腱にくるの?

 

って思った人いませんか?

 

それでは説明しましょう!

 

走っているとき接地した瞬間はこうなんですが

その後体重がかかるので・・・

 

こんな風に一瞬だけかかとがつくんですよ!

 

 

では本当にそうなるのか走ってきました!

 

まだかかとは着いていませんね~

 

 

見てください!着いてます!

 

かかとを削ったラフィートも同様です!

着いてないけどー

 

 

着く!

 

どうでしょうか。

え?僕の筋力がないだけだと思ってます?

 

 

それが違うんですよ!

 

短距離スパイクもかかとの部分が低いんですけど

 

100mのレースの分解写真を見てみるとー

 

 

なんと!あの日本人のトップスプリンターでさえもベタッと一瞬だけ着いているんですよ!

 

 

走るのが速い人ほど地面に加える力が大きく腱が伸ばされて縮む速さも速いということなんです。

 

そして、今回作っていただいた靴は腱の収縮を強化することを目的に作ってもらったんです。

 

 

以上の説明で理解していただけたでしょうか?

 

最後にもう一度だけお伝えしておきます!

あくまでも人から聞いた話と僕個人の体験をもとに話しておりますので間違っている点があるかもしれません。

 

 

その点につきましてはご理解ください!

 

それでは失礼します<(__)>

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/

◆インスタグラム http://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/

足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇
https://seikou003.stores.jp/
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

 

4代目登場?

皆さんこんにちは!

 

 

3月入りましたねー。春ですねー。

 

 

この季節は別れの季節でもあれば、学校や大学を卒業する人たちが新天地へ準備をしていく季節でもあります。

 

 

筆者はこの季節が好きで、なんだか3月はそわそわします。

 

 

 

このブログも初めて早10カ月。

 

1人で毎週木曜日に更新し続けていましたが、なんとこの度、三代目バルタン君の工場見学にニューヒーローが登場することになりました!!

 

 

 

そうです、今年の4月より岡本製甲に入社する新人くん。

 

筆者が三代目バルタン君としてやってきたので、新人君は「4代目バルタン君」として登場してもらいましょう!

 

筆者「どうぞー。」
新人くん(4代目バルタン君)「どうも!」
筆者「今回は任せたぞ!陸上競技で3段跳びをやっている実力を見せてやれ!」

 

 

新人くん(4代目バルタン君)「分かりました! 今回初めてなんで、めちゃくちゃ気合いを入れてみました!」
筆者「少し見させてもらったんだけど、初回からこんなに飛ばして大丈夫なのか?」
新人くん(4代目バルタン君)「大丈夫です! 先輩に負けないようにたくさんの人に足袋型シューズ、岡本製甲のことを知ってもらうために頑張ります!」
筆者「頼もしいな(´;ω;`) それなら今回は4代目バルタン君の紹介でもしますか!」
新人くん(4代目バルタン君)「そうですね!先輩! 僕をかっこよく紹介してやってください!」
筆者「任せなさい!」

 

 

 

 

 

えー、では。(笑)

 

 

 

前置きなのかなんなのかさっぱりわからない一人芝居をしてみましたが、いかがでしたでしょうか。(笑)

 

半信半疑の方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

4月から4代目バルタン君が岡本製甲へ入社することは本当です(^^)/

 

そして、今後このブログにもちょいちょい出てくるようになりますので、どうぞ変わらぬ愛読をよろしくお願いいたしますね(^^♪

 

 

さて!

そんな彼なのですが、この時期(3/8現在)はまだ大学生なので今回の彼の紹介は筆者が行おうと思います(^^)/

 

 

 

 

えっと、

 

 

 

彼、3段跳びしてます。

 

 

 

 

足のばねが半端じゃなくて、陸上選手特有の癖なのか、足にバネが付いているかのように走り方がぴょんぴょんした走り方をします。

 

 

昔から陸上をやっていて、走ることや足の事は特に詳しいです!

 

筆者も色々と勉強させてもらうことが多く、実はジャンピングマックス(跳び箱大会)に向けたトレーニングも彼に教えてもらったことをやっていました(^^)/

 

 

 

来週になってはしまいますが、次回のブログは筆者に代わって彼が書いた内容をご紹介していきたいと思います(^^♪

 

 

 

 

あっ、決して筆者は今回で引退するわけではないですよ!

 

 

 

筆者のファンの皆さん(いたらいいなー。)のためにも頑張りますよ!

 

 

 

 

 

とまぁ、そんなこんなで3月は出会いと別れの季節。

 

 

 

ということもあり、今回のタイミングでそういった内容でこのブログを書いてみました(^^)/

 

 

 

 

次回!

 

 

4代目バルタン君が一体どんなことを盛り込んでくるか、必見です!!

 

筆者、今の時点でそわそわしてます!

 

 

 

 

これからもよろしくお願いします(^^)/

 

 

 

短い内容となってしまいましたが、今回はここまで!

 

 

来週もお楽しみに!!

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆
インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!
色んな情報がてんこ盛り(^^)/

◆インスタグラム http://instagram.com/lafeet.zipang
◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR
◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/

足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇
https://seikou003.stores.jp/
———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

筆者、外反母趾ですが、走ってみました。

 

皆さんこんにちは!

皆さんにずっと隠していたことがあります。。

 

 

 

 

決して、何も悪いことをしていたわけではございません💦(笑)

 

 

 

 

 

 

 

あのー、

 

 

 

実は、、

 

 

 

 

筆者、長距離を走るのが苦手なんです!!

 

 

 

 

 

 

 

あーーー。(笑)

 

 

苦手というのは「走るのが嫌」というわけではなく、長距離を走ると、すぐに足が痛くなるんですよね。。。(笑)

 

 

思ったよりもタイムが上がらない、毎日同じ距離を走っても慣れてこない。。

 

 

完全に持久力がないんです。(笑)

 

 

 

 

 

 

そんな、筆者ではございますが実は地道に記録を残していて、少しだけデータが溜まったので今回はそれを紹介していきたいと思います!

 

 

とはいえ、本当に長距離が苦手で走る距離がとにかく短い。(笑)

 

4㎞も持ちません!!(笑)

 

 

そして、とにかく走るのが遅いという。

 

 

 

あ、別に短距離が得意わけではないんですけどね。

 

 

はてさて、ランニングといえばやはりこのお方を履いていかないといけないでしょう!

 

 

ジパングさんです(´・ω・`)

 

 

しかーし!

 

 

この「三代目バルタン君の工場見学」ブログはラフィートの良さ、そして他のシューズとの比較もしていきながら、それぞれの良さを伝えていかないといけないーー!!

 

 

 

 

というわけで、今回は3パターンのシューズを履いて、それぞれの走った感想をお伝えしますね。

 

 

・使いこなしたランニングシューズ

・スニーカー

・ジパング

 

というラインナップ。

 

 

そして、それぞれの記録。

 

使いこなしたランニングシューズ

 

 

 

一般的なシューズ

 

 

 

ジパング

 

 

謎の人物X「へい、兄さん。」

 

 

 

「むちゃくちゃ遅くないっすか?」

 

 

 

筆者「すみません」

 

 

 

謎の人物X「あんた、こりゃあおえまー!」

 

筆者「おえんですわ。」

 

 

 

 

 

はい、

 

 

 

てなぐらい走るの遅いっす。(笑)

 

 

そして、今気づいたのですが、筆者はどうも後半にスピード付けていくタイプみたい。

 

※赤いところはスピードが早い

 

 

一見、走るスピードはほとんど変わらないかと思うのですが、

 

 

今回のブログで伝えたいことは、「疲労感」

 

 

 

もちろん速く走るとすぐ疲れてしまうし、ゆっくり走っても長い時間走り続けると疲れてしまいます。

 

 

 

じゃあ、いったい同じ距離で同じペースで走るとどうなるのかな?

 

 

という疑問が筆者に浮かんできて、いつもと同じ感覚で走ってみたんです。

 

 

走った日にちはかなり期間が空いていますが、跳び箱選手権に出るためのトレーニングや体操の試合の為に空いた期間にもなんぼでも走っています。

 

 

 

結論を言いますと、

 

 

どれもそれなりの良さがあって、走りやすい。

 

 

 

しかし、足の疲労はというと、

 

 

 

お世辞抜きで

 

 

ジパングの方が一番軽い印象を受けました。

 

 

 

筆者、このようにかなり幅広で変なところに筋肉が付いていて、ここが走るとすぐに痛くなるんです。

息は上がらなくても痛みですぐに歩き出してしまうしょうもない足なんですよね。

そして、かなりのベタ足なのでバネがほとんどありません。(笑)

 

なので、履きなれたシューズで3.8㎞ほど走ってはいますが、途中で歩いたりもして、後半かなり遅いペースになっています。

 

 

しかし、ジパングさんを履いてミッドフットを意識して走っていると多少痛みはあるのですが、走っているうちに慣れてきて、余力を残して走り切ることができました。

 

 

中学生のころから体育の授業で月に一回マラソン大会があったのですが

筆者、いっこうに記録が伸びずに常にギリギリの時間でゴールしていて、走るのが本当に苦手。

 

 

でも岡本製甲に入社し靴の事やシューズの勉強をしていくうちに、走ることにも少しずつ興味を持ち始め、ランニングをしてみようという気持まで持つことができました。

 

 

 

興味を持つことは本当に大事だなと実感(´;ω;`)

 

 

 

まだ確定ではないんですけども、もし可能であればマラソン大会などにも出てみたいなと思っております。

 

 

 

あっ、思い出しました!

 

 

そういえばになってしまいますが、今月3/10,11(土日)に開催されるウォーキングイベント「ツーデーマーチ」に岡本製甲は出店します!

 

詳細はこちら

http://www.city.kurashiki.okayama.jp/2day/

ぜひぜひ足を運んでいただけたらと思います(^^)/

 

そして、筆者、10日(土)に20㎞のコースに足袋型シューズを履いて参加します(^^)/

 

 

まだまだ参加を受け付けているっぽいので皆さん是非参加してみてください!

 

 

告知なのかなんなのか分からなくなりましたが、

 

 

外反母趾の予防にもなるこの足袋型シューズをぜひぜひ体感して見てください。

 

 

それではまた次回!

 

 

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!

色んな情報がてんこ盛り(^^)/

 

◆インスタグラム http://instagram.com/lafeet.zipang

◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR

◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/

 

足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇

https://seikou003.stores.jp/

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

最近あった出来事。(外反母趾の予防にまつわること)

みなさんこんにちは!

 

長かった研究シリーズを終えましたねぇ。(笑)

 

 

さてさて!

 

 

今回は最近、私が接客させていただいたお客様の声をご紹介していきたいと思います(^^)/

 

では、さっそく!

 

 

先日、2/9(金)~2/11(日)に福岡の博多で行われた「フットケア学会」にラフィートを出展してたんです(^^)/

 

文字通り、今回は学会でしたのでフットケアにまつわるお医者さんや看護師などが大勢来られ、それぞれの研究を発表したり、聴衆していました!

 

そんな中で岡本製甲は巻き爪補正で有名なペディグラスさんと合同出展していました(^^)/

 

 

巻き爪の補正の実演は本当に興味を持たれている方が多く、今回は一つの部屋の中での出展だったにもかかわらず、たくさんの方が巻き爪補正の実演を興味深く見ていました。

 

岡本製甲も負けていられないと、必死にラフィートの商品紹介や試し履きをさせてもらいました。

 

 

やはりフットケアのお医者さんや看護師の方だけあって、足について本当に詳しくて、逆に勉強になるほどでした(^^)/

そして、看護師さんは特に院内をたくさん歩かれるということで、ラフィートを履いていただいた方のほとんどが

 

「歩きやすい! 気持ちがいい!」

 

と仰っていました(^^)

 

 

やはり、日頃から足を酷使している方はラフィートが最適なんだなと改めて思いました。

 

 

そして、そんな中、こんな方も。

 

 

「去年のフットケア学会で購入したんですけど、履きつぶしてしまったので新しく買おうと思っています!」

 

 

 

おお!!✨

 

なんと、昨年の学会でご購入いただいた方が今回もお買い求めに来ていただいたのです!

 

 

様子を伺うと、やはりラフィート以外が履けなくなり、仕事ではずっと履いているそうでとても快適に仕事ができているのだとか。

 

 

「本当に楽です!!」

 

 

有難い声(´;ω;`)

 

 

 

さらにはこんな方もおられました!

 

 

「外反母趾が少し治った気がするんです。」

 

 

と、これまた去年ご購入いただいた方が来られて、なかなか改善ができない外反母趾が治った気がする、との声。

 

 

実際に外反母趾が治るような例は聞いたことがなかったのですが、非常に嬉しい声です!

 

 

ラフィートって、こんなにも足に優しいんだな、というのが感じられた時間となりました(^^)/

 

 

 

フットケア学会ではやはり専門的な知識を持たれた方が集まっていますので、接客させていただきながら、色んな勉強になる話もしていただきました(^^)/

 

 

結論的に言うと、外反母趾や巻き爪、たこ、魚の目などができてしまう要因ってやっぱり靴にあると。

 

 

本来、靴は人間の足を守らないといけないのに、その靴によって人間は足に悩まされているんです。

 

 

 

これって、矛盾ですよね。

 

 

そんな矛盾を紐解いていくと、やはり素足に近い感覚で履くことができる靴の方が本来の靴の意義である「足を守る」ことに繋がってくるんじゃないかなーと筆者は思いました。

 

 

そして、

 

 

 

「足は第二の心臓」

 

 

 

この言葉が最近、ものすごく心に沁みてきます。

 

 

最近、「健康寿命」という言葉を勉強したのですが、

 

 

健康寿命とは「健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間のこと」です。

 

 

 

つまり、誰にも介護を受けずに、元気に過ごせている状態の事を指しています。

 

 

要は歩けなくなると健康寿命が尽きてしまう。といったことも考えられます。

 

 

 

というよりも歩けなくなったら、何にもできないですよね😢

 

 

 

そういった意味で「足は第二の心臓」と呼ばれているのかもしれませんね。

 

 

 

 

ふう。

 

 

今回はちょっと熱い想いを伝えてしまったぜ。(笑)

 

 

 

今回の内容としては外反母趾やタコ、魚の目などの症状を予防するためにも靴選びは慎重になり、そしてなるべく素足感覚に近い靴を履くことをお勧めしたいと、そういった内容でした!

 

 

 

多くの声をいただいているので、今後もこのお客様の声シリーズはやっていこうかな(^^)/

 

 

 

今回もありがとうございました!

 

 

それではまた次回!!

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!

色んな情報がてんこ盛り(^^)/

 

◆インスタグラム http://instagram.com/lafeet.zipang

◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR

◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/

 

足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇

https://seikou003.stores.jp/

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

奥が深いもんじゃのぉ。

皆さんこんにちは!

 

研究シリーズ第4弾!

 

今回は「安定した歩行」について!

 

 

a-han? 安定した歩行っていったいなんぞや?

 

 

多分、それは人それぞれかもしれませんが、研究マニアの私からしてみれば

「研究データ」が安定した歩行といえます。

 

 

※あくまでも研究結果をもとに研究をして「安定した歩行」という定義をしています。

研究は基準を参考に「こんな結果になったら安定した歩行であると言える」としています。

 

 

なので、今回は足首の動きに焦点を当てて、安定した歩行の定義は「2峰性(踵接地時とつま先蹴り出しの時が大きく、踏み込み時の力が小さい)」が安定した歩行であるとして、お話をしていこうと思います。

 

 

いやー、読み甲斐がありそうですね(^^♪

 

 

この研究も前回の研究したときの実験方法と似ていて、

 

足袋型シューズ、鼻緒が付いたインソールを入れた一般的なシューズ、一般的なシューズの3種類を履いて、歩くときの足首の動きを調べています(^^)/

 

 

まず、歩くときの足首の動きについてなのですが、

 

まずは踵から接地するために、つま先が上を見るように足首を曲げます。

 

そうすると歩くときに、かかとから接地しますよね(^^)/

 

そして、かかとから足の中心、そしてつま先へ蹴り出します。

 

 

蹴りだす時の足指が地面について、かかとが地面から上がっているときは、足首をある程度、伸ばしている状態になるかと思います。

 

この「かかと接地時」と「蹴り出し時」の足首の角度が一体どうなっているのかを調べてみました。

 

まずは一般的なウォーキングシューズ

  • かかと接地時の足首の角度

→97.2°

  • 蹴り出し時の足首の角度

→152.7°

※角度が小さいほうが足首を曲げている状態です。

 

 

次に鼻緒付きのインソールを入れたウォーキングシューズ

  • かかと接地時の足首の角度

→94.7°

  • 蹴り出し時の足首の角度

→156.9°

※角度が小さいほうが足首を曲げている状態です。

 

最後に足袋型シューズ

  • かかと接地時の足首の角度

→98.4°

  • 蹴り出し時の足首の角度

→134.5°

という結果となりました。

 

 

 

 

すんません、全く意味が分かりません(・∀・)/ ハーイ

 

 

 

この数字を統計学的に考えて「差」を付けるとすると、

 

 

まずかかと接地時の足首の角度は

一般的なウォーキングシューズと鼻緒付きインソールのシューズに差がありました。

 

つまり、一般的なウォーキングシューズは鼻緒付きインソールのシューズよりも、かかとから接地するときは、そこまで足首を曲げなくてもいいという結果となりました。

 

実際、2.5°の違いではあるんですが、以外と大きな差です。

 

次に蹴り出し時の足首の角度については

 

 

これまたこの数字を統計学的に考えて「差」を付けるとすると

 

足袋型シューズは一般的なウォーキングシューズと鼻緒付きインソールのシューズよりも、足首を伸ばして蹴りだしを行っていることになります

 

つまり、指でしっかり踏み込んで蹴り出しているということです(^^)/

 

 

 

実際にこんなデータがあります。

 

 

素足と一般的なウォーキングシューズと足袋型シューズの足圧の波形グラフ。

 

蹴り出しの時は足袋型シューズの方が強く踏み込めているんです。

 

強く踏み込めているということは蹴り出しの後の推進力の強さは足袋型シューズがもっとも得られやすいということが分かりました。

 

 

 

 

とはいえ、強く踏み込めても一つだけご注意いただきたいことがあります。

 

 

それは

 

 

 

指の筋力を普段使っていないあまり、初めてラフィートを履いた人は最初、指や指の周りの筋肉に疲労感があること。

 

 

ある種の筋肉痛ではありますが、これは次第に慣れていくのでご安心ください(^^♪

 

 

それだけ、普段指をあまり使えていないという証拠にもなります。

 

 

 

現実的に考えてみると、2°とか分度器で測ると本当に微々たる差であることは間違いありません。

 

しかし、これがもし1000人の人に同じ実験を繰り返してみんな2°違っていれば、これはある意味「差」が生まれているということになるかと思います!

 

 

研究という分野は本当に奥が深いというか、知れば知るほど面白いことがこれまでの研究シリーズで分かっていただけたら、筆者としては大満足です(^^)/

 

 

ここだけの話、この研究資料を解読して、みなさんに分かりやすく伝えるのが正直、大変でした。(笑)

 

 

本当に専門的に書かれているので意味が分かっても教えるのが難しかったです。

 

 

一部抜粋してみますね。

 

「踵接地時の足首背屈角度は97.2±2.42(平均SD)度であり、蹴り出し期の中足指節間関節背屈角度は、27.3±4.22度であった。

一般的なウォーキングシューズの試技に比べ、鼻緒付きの試技では、踵接地時の足首背屈角度が有意に(p<0.05)小さくなり、蹴り出し期の中足指節間関節背屈も有意に(p<0.01)小さくなっていた。」

 

意味は分かるけど、いったいこれが何の意味をあらわしているのやら。(笑)

 

 

 

筆者も少し説明に時間をかけすぎてしまったわりに理解が大変だったのではないかと思います💦

 

 

 

今回の研究シリーズで色々と勉強となりました!

 

 

いやー、面白い!(これでまとめようとしている筆者です。)

 

 

また次回、違う内容でお伝えしていけたらと思います!

 

それではまた!

 

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!

色んな情報がてんこ盛り(^^)/

 

◆インスタグラム http://instagram.com/lafeet.zipang

◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR

◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/

 

足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇

https://seikou003.stores.jp/

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

研究マニアが語るその3

皆さんこんにちは!

 

今回もやってまいりました、研究マニアが語るシリーズ!

 

いやー、今回は難しい!とにかく難しい!

 

 

理解ができなくなったら、下にスクロールしてください。(笑)

 

赤文字で「ここから簡単です!」と書いているところから読むとこのブログの内容が大体わかりますから。(笑)

 

あ、でも少しだけ冒頭も読んでくださいね。

 

 

さてさて、

今日はこれ!

 

10年ほど前に岡山大学で実験を行った、研究内容を分かりやすーくお伝えしようと思います!

 

こういう資料を論文って言ったりもするんですけど、今回は報告書みたいな内容として書かれているので、ページ数はあまり多くありません(^^)/

 

一時、STAP細胞がどうたらこうたらという、研究結果が嘘じゃあ本当じゃあみたいな話がありましたが、あの研究資料って多分かなり多いんじゃないかと思ってます。

 

 

ただ研究をすればいいわけではなく、研究をするためにはまず「今何が世の中には知られていないのか」「これが分かれば何に生かされて、どんな人の役に立つのか」などを考えていくわけです。

 

そこで自分が疑問に思っていることを研究テーマにして、その研究を行うとどんな結果になるのか「考察」、そして研究をするための実験方法や研究分野に関する先行研究調査、実態を調べなければなりません。

 

 

 

少しだけ理解していただきたいのは、研究はかなりの時間とお金、そして人員が必要で、研究対象分野に関する知識や情報量が必要となってくるんです。

 

 

と、

 

 

そんな感じで、足袋型シューズも研究をしてきているので、筆者の個人の意見からしてみれば、足のことうやシューズのこと、そして足袋型という分野はなかなか研究しづらく、研究領域がまだ浅いんです。

 

 

そんな中で岡本製甲が足袋型シューズの研究を積み重ねているのはある意味、貴重で重要な研究をしているわけです。

 

 

 

さて!話が飛んでしまいましたが、研究内容を解説していきます(^^)/

 

 

 

では、

 

 

 

 

この研究は2007年に報告されたもので、研究対象シューズはかの有名な「バルタンX」でした。

 

この研究は「足袋型シューズを履いた時にどのような歩行になるのか」を目的として実験を行っています。

 

 

 

しかし、これまで足袋型シューズの研究がなかったので、足袋型シューズと比較するために様々なシューズの歩き方との比較を行いました。

 

そうです、

 

前例がないと比較することから始まるのです。

 

 

これって、何事も同じですよね(^^♪

 

 

分からないことを始めるためにはまず、色んなものと比較しながら行う。

 

 

 

うん、研究って人生も語れるぜ。。。(´;ω;`)

 

 

 

 

 

まぁ、そんなことは置いといて、色んなシューズを履いて、ただ歩くだけでも研究にはなるのですが、研究の一番肝心なところとして、

 

 

「なるべく多くの条件を加えて、あらゆる視点から結果を見る」

 

ことが大切なんです。

 

 

 

おっと、なんか難しい内容になりつつある。

 

筆者よ、分かりやすく伝えるのではなかったのか!?

 

 

 

と、言い聞かせつつもこの記事を書いているわけですが、今回は少しだけ読んでいただている皆さんにもイメージしてもらいたいです。

 

 

 

 

研究は「他のものとの比較」が大きなポイントになるわけでして、実験をした後の分析種類は多ければ多い方が、相互関係が生まれやすいのです。

 

 

例えば、靴を履いても人間は歩く以外にも走ったり、方向転換をしたりします。

 

ましてや、その時が雪の日なのか雨の日なのか、風が強い日なのか、

 

 

ましてや、履いている人が男性なのか、女性なのか、子どもなのか、

 

 

ましてや、靴の材質やサイズ、歩き方はどうなのか

 

 

などなど、

 

非常に細かく分類して、比較対象を増やして、結果として

 

「この時の場合はこうなる、AとBを比較した場合はAの方が寒い時に動きが鈍く、Bは暑い時に弱い」

 

みたいなことが言えてくるわけです。

 

 

 

 

ひゃー、研究って難しい!!

 

 

 

 

 

つまらないと思った人はここから読んでください。(笑)

 

「ここから簡単です!」

 

研究で「足袋型シューズ バルタンX」を履いた時と

「一般的なウォーキングシューズ」を履いた時と

「素足」のとき

 

の歩行のパターンを比較しました。

 

 

実験器具はこれ。

 

 

これに乗ると、体重がどれだけあるのか、そしてどの部分に体重が強くかかっているのかという結果がすぐにわかるんです。

 

 

この上を歩くことで、歩く速度や重心移動、はたまた足裏のどの部分に体重が加わっているのかが一目でわかるんです。

 

 

 

この器具の上を歩くとこんな結果が出ました。

 

【歩隔】※右足と左足の間の広さ(足を閉じて気を付けをしたときは0cm)

研究では①素足②足袋型シューズ③一般的なウォーキングシューズの順に歩隔が狭いことが分かりました。

この歩隔はバランスの安定に大きく影響しているのです。

 

つまり、足をピッタリそろえた状態がバランスをとるとき最も難しく、ある程度開いている方がバランスを取りやすいのです。

 

あん? どういうことやねん!!

 

 

例えば、バスや電車の中で立っているときを想像してください。

 

気を付けをするときよりもある程度足を開いてバランスをとりませんか?

 

歩くときも同様で平均台の上を歩くよりも、普通に歩いた方がバランスは取りやすいですよね?

人間は脳でバランス感覚を得るのですが、動くときはその時の最適なバランスを維持しようとしています。

 

なのでシューズを履いた時も最適なバランス、つまり歩隔で歩くわけで、結果的に素足と同じくらいの歩隔で歩いていたのが足袋型シューズなのです。

 

つまり、足袋型シューズは素足に近い状態で歩いているということにもなります(^^)/

 

【歩行荷重】※足裏に加わる圧の強さ

この図は荷重のパターンを表したものになります。

 

見たらわかるかと思いますが、足袋型シューズと素足の歩行パターンが似ているかと思います。

 

そして、注目すべき点はここ!

 

 

 

蹴り出しのときの圧力は足袋型シューズの方が素足よりも強いことです!

 

 

うお、素足感覚を超えてしまった!

素足以上ってどんな感じなん?!

 

 

 

でもこれは、ある意味いい結果になりました。

 

 

蹴り出しが強く行えるということはそれだけ蹴りだすための筋力を発揮しているということですからね(^^♪

 

 

おっ、てことは素足よりも指を使わないといけないのか!?

 

 

 

おっ、外反母趾って筋力の低下によって起こることもある、、、

 

 

てことは、指を使っているから外反母趾の予防にもなる?

 

 

 

蹴り出しがしっかり行えることは大事や!!

 

 

 

 

とか、なんかそんな感じでラフィートが外反母趾に優しいことが謳えたような気もしないこともない。

 

 

 

はい、今回の研究の結果をまとめると。

 

 

 

「足袋型シューズは素足感覚に強く、外反母趾の予防にもつながる」

 

 

 

結局これが言いたかったー!!(笑)

 

 

 

 

今回の説明、かなりハードでしたが、理解していただけたでしょうか。

 

 

毎度、余談が多いブログになっていますが、引き続きよろしくお願いいたします(^^)/

 

 

それでは今週はこれにて!!

 

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆

インスタグラム、ツイッター、フェイスブックもやってます!

色んな情報がてんこ盛り(^^)/

 

◆インスタグラム http://instagram.com/lafeet.zipang

◆ツイッター   https://twitter.com/Lafeet_PR

◆フェイスブック https://ja-jp.facebook.com/Lafeet.Zipang/

 

足袋型シューズのショッピングサイトはコチラ👇

https://seikou003.stores.jp/

———☆———☆——–☆———☆———☆———☆