OEM生産ってなに?

みなさんこんにちは!

今回は岡本製甲が行っているOEMという言葉について紹介していきたいと思います!

みなさん、「OEM」という言葉はご存知でしょうか?

肩をすくめる白人男性のイラスト

工場や生産などに携わっている方でしたら知っている方は多いのではないかと思います。

これは「Original Equipment Manufacturer」の略で他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業のことなんです。

 

 

Wikipediaで検索してみると、このような説明が書かれています。

「OEM(オーイーエム、英: original equipment manufacturer)とは他社ブランドの製品を製造すること、またはその企業である。日本語では「相手先(委託者)ブランド名製造」、「納入先(委託者)商標による受託製造」などと訳される。」 参考元:Wikipediaより

 

例えば皆さん、好きなブランドのシューズなどはありますか?

そのシューズの製造元を辿ると、実はそのブランドを持っている会社が製造しているわけではなかったりするんです。

ゴルフシューズのイラスト

 

もちろん、誰もが知っているような大きなブランド会社では自社工場で製造しているケースもあります。

そういった、他社から製造の委託を受けることをOEMというんです。

 

OEMは高い製造技術力がないと委託を受けることはありませんし、工場の経営も続きません。

不良がいっぱい出てしまう工場なんかに誰も自分の商品を作ってもらおうなんて思わないですよね。

 

岡本製甲はこれまで50年以上の間、プロ野球選手のスパイクや、ゴルフシューズ、官公庁短靴などのOEMを続けています。

野球のイラスト「ヒットを打ったバッター」    ゴルフをしている人のイラスト(ゴルフ場)警察官のイラスト(職業)

実際に一般的な企業が設立してから10年経過したときに残る可能性は5%以下とされています。

その中でも岡本製甲が靴を製造し続けることができているのは、常に高い技術力を持ち、信頼をしていただいているからなんです。

 

そんなすごい会社(自身で言ってしまいますが(笑))が倉敷の住宅地のど真ん中にあるなんて、意外ですよね。

岡本製甲はこれからも靴を造り続けます。

目指すは100年以上続く靴製造会社!

突き進んでいきます!

汗を拭う整備士のイラスト

カテゴリーOEM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です