10万足の靴・シューズを並べるとどうなるんじゃろうか。

皆さんこんにちは!

 

早速ですが問題です。

岡本製甲株式会社は年間10万足以上を製造していますが、製造した靴やシューズはどこにしまっているか分かりますか?

 

 

答えはなんと…..

 

 

 

 

 

「倉庫」。

 

 

 

 

当たり前ですよねー(笑)

 

はいっ!

けど、何万足も保管しておかないといけないってことは倉庫もそれなりに広くないといけないはずです。

 

例えば、靴を入れる箱が幅20㎝高さ15㎝、長さ30㎝だったとします。

これを仮に人間が手の届く2.1mまでの高さまで積み上げるとすると

 

まず、1ブロックあたり14足積み上げることができるとして、1ブロック積み上げた時の必要面積は20㎝(幅)×30㎝(長さ)=600㎠

 

これが10万足なので10,0000足÷14足=7,143ブロック!

 

これをびっしり敷き詰めたとして、必要になる面積は

7,143ブロック×600㎠=4,285,800㎠

 

長さが約65mの正方形の中にすっぽり入る計算になります。

んー、広いように思うけどちょっとわかりにくい。。

 

確か、日本に限らず世界でも有名になった特撮映画「ゴジラ」が初めて現れた1954年のときの大きさは約50m。

つまり、あの大きなゴジラがベッドで横になってゴロゴロ転がっても大丈夫なほどの広さ。

めっちゃ広いっす。

岡本製甲の倉庫、まぁまぁ広いっす。

 

 

こうなったら倉庫の広さ関係なく積み上げてみたらどうなるのでしょうか。

 

靴箱の高さは約15㎝だとすると10万足積み上げると15㎞!

世界一高いエベレスト(8848m)をはるかに超えて、飛行機が飛ぶような高さまでになります。

1年間でそんなに積みあがるのか。

 

けど、ガンダム好きな人はご存知かもしれませんが、「ガンダム00(ダブルオー)」に登場する超高層エレベーターはなんと上空3万6000㎞!

地球を突き抜けて、大気圏よりもさらに高い場所にあります。

300年先のリアルな人類の現状を描いたものだそうですが、果たして実現できるのでしょうか。

 

 

このころにはきっと靴やシューズも靴底にジェット噴射器がついて、アイアンマンみたいに空を飛べるようになっていたり、名探偵コナンみたいにボールを蹴ったら当たった相手が気絶するくらい強力なキック力が生まれるシューズが開発されてるのかなー。

 

 

今を見ることも大切かもしれませんが、昔みたいに将来のことや未来について考えてみるのもたまにはいいかもしれませんね。

 

 

カテゴリーOEM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です