靴・シューズのこれを知っていたら!

皆さんこんにちは!

 

9月最初のブログ投稿です!

日中はまだ暑い時もありますが、朝方や夜は涼しくなってきましたね(^^♪

 

 

そんな私は最近、訳あって仕事終わりにランニングを始めました!

 

 

 

え、もしかして岡山マラソンに出るの? それとも吉備路マラソン!? おぉ!

 

 

 

いいえ、体に付着した脂肪を弾き飛ばすためです。

 

 

どうもここ最近、お腹に脂肪が増えている気がして、体を洗うために座って鏡を見ると

 

「あ、どうも、こんにちは。」ってお腹に顔ができてたりするんです。

 

 

体育会系の私にはちょっとの脂肪も許せません。

 

 

ということで、有酸素運動の代表格でもあるランニングを開始しました。

 

 

 

 

もちろん、履くのは足袋型シューズ「ジパング」。

 

 

 

紐を結ぼうと思って、ふと気づいたことがあったんですけど

 

これって何の役目にあるんだろう。

 

 

 

 

飾りかな?

 

 

 

みなさん、これは何のためにあるのかご存知でしょうか?

 

 

 

色々調べてみると、他のランニングシューズにも同じような位置に穴がありました。

 

 

色々調べてみると、どうやらこの穴はフィット感を高める紐を通すための穴だそうです。

 

 

もともとランニングシューズはフィット感を高めるために少しぴちっとした構造にはなっているのですが、足の甲が低い方や、足首が細い方、更にフィットさせたい方のために空けられているんです。

 

こうすることで足首までしっかり固定されます。

 

ちなみに手順はこんな感じ。

一応、他にもやり方があるかと思いますが、1例を挙げてみます。

 

  • 普段の紐通しをほどく

  • 右は右側、左は左側の穴へ通し輪を作る

  • 余った紐を交差させ、輪の中へ通す

  • そのまま紐を引っ張りながら輪を締める

・あとは紐を結ぶのみ

 

実際は足入れをした状態で紐を結んでくださいね(^^

 

ランニングシューズで少々大きいなと感じている方はこの方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

実はこれ、意外と知られていない話で、飾りかと思って普段から使われていない方が多いようです。

 

 

 

そうです、これは飾りじゃないのよ!

 

 

 

うん、

 

 

 

 

中森明菜さんの某有名な曲は私もよく知っていますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

次回もこうご期待!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です