ぼっけぇでぇれぇ関係ねぇ話。

皆さんこんにちは!

 

今日は全く関係ない話します!(笑)

たまにはいいっすよね!

ぼっけぇ(←使いたいだけ。)んじゃ!(笑)

 

なんか岡山弁シリーズみたなやつで「足袋型シューズ BOKEE(ぼっけぇ)」とか「DEEREE(でぇれぇ)」とか「EREE(えれぇ)」みたいなネーミング出してようかな。

ほとんど「E」で埋まりそう。

 

あ、そうだ、今日は関係ない話するんだった。

グダグダ回です。あれ。

 

さてさて、

皆さん睡眠について興味はありますか?

 

昔から自分は睡眠に興味があって夢日記とか書いたりもしていました。

そしたらこの前、自分の睡眠について知りたいと思って、睡眠中にどんなことをしているのか録音をしてみました。(笑)

 

睡眠について興味を持っていたので、実は大学の授業でも睡眠学を学んだこともあります(^^)/

体質や疲労度によって、いびきをかく人や寝返りが激しい人またはあまりない人など、個体差は様々です。

 

ちなみにちょっとした豆知識ですが、睡眠にレム睡眠とノンレム睡眠という、いわゆる睡眠周期というものが約1時間30分間隔で行われています。

レム睡眠のときは眠りが浅く、ノンレム睡眠は眠りが深く、これを繰り返しながら人間は睡眠しています。

ちなみにレム睡眠時に人は夢を見やすく、眠りが浅いのですぐに目が覚めやすい状況にあります。

 

よく怖い夢とかみてバッと起きてしまうことはありませんか?

 

 

あと、なぜ「レム」という言葉が使われているか皆さんご存知ですか?

 

実はレムというのはREMと書いて正しくは「Rapid Eye Movement(急速眼球運動)」の略称のことなんです。

 

レム睡眠時は寝ている間は自分の目は高速で動いていて、その動きによって人間は夢を見るといわれています。

 

なので、ノンレムというのは夢を見ていないとき、つまり眠りから覚めにくいときとなります。

 

 

「目が覚めても、ぼっけぇ眠いんじゃあ。」とか「しっかり寝たはずなのに、あんま寝た気がせんわぁ。

 

とか、そんなことはありませんか?

 

 

睡眠周期で考えてみてください。

 

起きても眠たい人はもしかすると眠りが深いときに起きたことが考えられます。

 

 

例えば、エスカレーターで階を上がるときって、ほとんどの人は自分が立っている段が一番上まで来てから歩き出しますよね?

 

そんな感じと一緒で、眠りも深い時はエスカレーターに乗り始めて、自分で階段を上っているのと同じで、無理やり起きていることが原因で眠たいのです。

 

なので、エスカレーターの一番上に来た時に起きる時間を調整すれば目覚めの良い状態になります。

 

つまり1時間30分に一度目覚めやすい状態になるので、単純に掛けていけばいいわけです。

 

 

例えば朝6時に起きようと思うのであれば、時間が少なすぎてもあれなんで、1時間30分×4周期=6時間としましょう。

 

そしたら0時に寝れば、起きた時は比較的すっきりしているかと思います。

 

あくまでも疲労度や体調、個人差も影響するのであくまでも参考程度に。

 

 

 

あと、これは研究で分かったことなのですが、事故発生率と睡眠時間を統計解析したところ、およそ7時間30分睡眠時間を確保している人が最も死亡率が低かったという結果も得られているそうです。

 

逆に睡眠は短くても、長すぎても良くないということも分かっているので、お休みの人かついつい長く寝てしまう人も起きた時は体がしんどいこともあるので、気を付けてくださいね(^^♪

 

みなさん、普段はお忙しくされているかと思いますが、睡眠時間だけは必ず確保してください(^^)/

 

 

以上、雑学会でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です