ラフィートの歴史

皆さんこんにちは!

筆者はただいま、東京出張中です!

 

そういえば、先日テレビ番組で「ガイアの夜明け」という番組、皆さんご覧になりましたか?

 

杵屋無敵さんの足袋型シューズについての特集で、陸王で話題となっている「ミッドフット走法」や杵屋無敵さんの新作の紹介など、今まさにブームといった内容でした(^^)/

 

次々と新しい足袋型シューズを作っていってるなーと思いながら見ていたのと、素材なども面白い工夫がされているんだなーと感心。

 

 

けど、観ているうちにふつふつと岡本製甲も負けないぞ!という気持も芽生え、

終わったころにはなんだか熱い気持ちになり、、、

 

 

岡本製甲にもぼっけぇたくさんの足袋型シューズがあるんじゃ!

 

と思って、今回は

 

足袋型シューズシリーズをご紹介していきたいと思います(^^)/

 

 

 

早速ですが

 

岡本製甲の足袋型シューズの第一歩として発売されたのはこの「バルタンX

このシューズは開発者の先輩が高校野球部の監督として、選手にトレーニング用シューズとして開発したことがきっかけです。

 

なのでこの時点では完全に健康型というよりはトレーニングシューズ。

形もやはり地下足袋っぽい印象があります。

 

ですが、ここが第一歩。

野球選手、はたまた消防団の方にもバルタンXは履いていただき、次第にシューズ型足袋として形を変えていきます。

 

 

バルタンXの形や機能性などを改善し、次に新しく登場したのがこの「NEWバルタンX

ちょっとだけスリムになったかな?

ソールの部分が変わったりだとか形が変わったりだとかいろんな変化が見受けられます(^^)/

 

 

そして、ここからデザインが一新します!

そして、皆さんおなじみの「Lafeet ラフィート」シリーズの始まり!

 

ラフィートVL01

アッパー部分は革とメッシュの組み合わせで通気性も良く、ソールも厚めのものを使用。

そうるすることでよりシューズに近く、そしてクッション性が高くなりました。

 

このころから、ウォーキングをされる方など健康型シューズとしての意味合いのあるものとなりつつあります(^^)/

 

続きまして、

ラフィートVL02

これはオールレザータイプのラフィートです。

写真で見る限り、きれいな革色で光沢もあって少し豪華になっていますね(^^♪

天然皮革をしようして足になじみ易い履き心地になっています。

 

そしてVL03

あいにく写真がなく、見つかり次第、写真アップします。(笑)

(むちゃくちゃ気になるぅ。)

 

 

気を取り直して、

はい!

ここからは筆者も含め、最近ラフィートを知った方もご存知かと思う、VL04

いやー、落ち着く。ほっ。

やっぱ安定感ありますね(^^♪

 

 

 

このラフィートをきっかけに「外反母趾に優しいシューズ」「素足感覚で履けるシューズ」としても非常に多くの方からご愛顧いただいています。

 

実際に、外反母趾の方でもストレスなく履くことができるように工夫もされていて、親指の付け根部分である母指球の当たり具合を弱くするために、あえてそこはメッシュ生地になるように設計していたりとか、ファスナーの位置を内側でなく外側にすることによって、スムーズにファスナーを下ろしたり上げたりすることができるとか

 

様々なサポートがされています(^^)/

 

その他にもレザータイプ、そして岡本製甲足袋型シューズシリーズで現在最も話題沸騰しているジパング!

 

他にも岡本製甲とたくさんのコラボをさせていただいております(^^)/

 

 

なんといっても全部が足袋型!

又割ってます!

 

他にもたくさんあるのですが、このページにはのせきれません(*_*)

これまで開発当時から共同研究として岡山大学と継続的に研究を行ってきたこともしかり、お客様の声から生まれた意見やご要望もたくさんアイディアとして参考にさせていただいております(^^)/

 

正直、ラフィートはほとんど履いていただいている方の口コミで広まってきた商品で、ネットなどの広告宣伝を行っているのは最近です。

 

ラフィートの良さを知っていただいた方が「他の方にも知ってもらいたい、履いてみてほしい」が形として現在までに表れています。

 

履けば病みつきになる足袋シューズ「ラフィート」

皆さんの足をサポートいたします!!

 

 

いや~。

今回は岡本製甲足袋型シューズの歴史をご紹介する内容となりましたがいかがでしたでしょうか(^^♪

 

次回はどんな記事にしようかなー!

 

 

乞うご期待!!