研究マニアが語ります。その2

※実は今回、この記事を書いているうちに筆者があまりにもテンションが上がり、熱が入りすぎてしまったため、今回で完結ができませんでした。なので今回は2回に分けてお伝えします。ほぼ余談が多いので、どうぞ最後までお付き合いください。

 

 

 

みなさんこんにちは!

 

 

 

 

今回も研究マニアな私が、足袋型シューズにまつわる研究で得られた結果をご説明していきますよ~✨

 

さて、本日のテーマは

 

 

 

 

「足の構造について」

 

 

 

いやー、楽しみっすね!!

 

皆さんがそんな気がなくても筆者、一人歩きで説明していきますよ。(笑)

 

 

 

では、

 

 

早速なんですけども、人間の骨は全部で何個あるかご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

正解は、

 

 

約206個!!

 

 

多いような少ないような。。。。

 

 

けど実はこの骨の数というのは成長段階によって違っていて、赤ちゃんの頃などはもっと多いのだとか。

 

成長することで骨が合体したり、なくなったりするそうです(^^♪

 

 

 

ちなみに人間の首の骨は7個あるのはご存知ですか?

 

ちなみに首が長くて有名な動物、

 

 

キングギドラ!!

 

キリンも首の骨の数は7個なんです!!

 

 

知っていましたか?

 

 

 

この話、筆者の意外と知られていない必殺ネタ話なんですよね。(笑)

 

 

おぉ。と思った方是非、声に出して叫んでください。

 

 

 

 

 

知らんかったわぁ~!!!(岡山弁で!!←ここ大事!)

 

 

 

ちなみに、人間の脊髄の数は全部で23個。

 

頸椎、脊椎、腰椎に分けられていて、それぞれ7個、12個、5個です。

 

 

覚え方(別に覚えなくてもいい)は

 

7時に朝食を食べ

12時に昼食を食べ

5時に早めの夕食を食べる。

 

 

です!

 

 

 

 

盛大な前振りをした後に、本編へ戻るのがちょっと苦しいのですが、、

 

 

 

 

この骨の数、頭から足先まですべてにあるわけですが、今回お話する「足」にはなんと全身の25%の骨が足首よりも下にあるんです。

 

 

 

実際に足の骨の構造は横から見るとこんな感じになっています。

 

 

なんか、石橋みたいな感じで、細かい部品がうまくかみ合ってきれいな足になっていますね。

 

 

 

また、この足の構造なんですけど、横から見ると少し円を描いていて、器のような形になっているのに気づきませんか?

 

 

もしかすると察しの良い方は分かったかもしれませんが、

 

 

 

実はこのお椀構造はバネのような働きをして

歩いたり、走ったりするときの衝撃を緩和してくれる役割を果たしているんです。

 

 

 

クッションのあるお椀が足に備わっているようなイメージをもって見てください(^^♪

 

歩くことによって足には体重が加わり、衝撃が生まれます。

 

 

はい、物理のお勉強タイム!!!

 

仮に高さ1メートルの台から体重60キロの坊主のおっちゃんが飛び降りたとすると、足に加わる衝撃は果たしてどれほどになるのか。。。

 

 

これは位置エネルギーが絡んでくる!!

 

なお、今回は垂直に飛び降りたこととします。

 

前にジャンプしてしまったら、横方向への位置エネルギーも発生して、計算が少しめんどくさくなる。

 

 

なので、垂直に降りたとした場合の位置エネルギーの計算式は

 

体重×重力加速度×高さ

 

つまり

 

60㎏×9.8N×1m=約600㎏ ※筆者、計算は苦手なようす。

 

 

 

600㎏って動物で例えると

 

牛が約1頭分。

 

 

つまり人間は牛1頭を両足で支えられる模様です。

 

 

人間ってすげぇえぇぇえ!!(エコー入ってます。)

 

 

 

まーでも純粋のこの衝撃が身体全身に伝わると、内蔵破裂とか骨が砕けたりとか、腰曲がったりとかいろんなことが起こりうることもありますよねー。

 

 

 

そんな命の危険性を回避してくれているのがこの足のお椀構造!!

 

 

 

いやー、優れものっす( ;∀;)

 

 

 

みなさん、もっと足に感謝するべきですよ!!

 

 

 

ん、でもどうしてこんなお椀構造が維持できるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

これまた察しの良い方は気づいているかもしれませんが、身体の事をよく知っていれば分かるかと思います!

 

 

そうです、筋肉や腱が足の周りにはこれでもかっていうくらい付いているのです!

 

 

例えていえば、筋肉や腱は骨を支えるための補強パーツ

 

骨組みだけできていても機能しなければ意味ないですからね。それを機能させるために伸縮性のある筋肉や腱が足の周りについていて、衝撃を緩衝させてくれるのです!

 

 

 

ある意味、骨よりもこの筋肉や腱も重要な役割を担っているかもしれません。

 

 

 

え、なんでかって?

 

 

 

 

それは、、、、

 

 

 

 

 

 

また次回にお伝えします!!(笑)

 

 

 

 

今回、めちゃくちゃ長くなってしまった。

 

 

 

はい、次回は筋肉や腱がなぜ重要か、そして私の研究結果も交えてお伝えできたらと思います!

 

 

 

次回もお楽しみに!!

研究マニアが語ります。

皆さんこんにちは!

 

 

突然なんですけど~!

 

 

 

というか、ちょっと前からずっと考えてはいたんですけども~!

 

はいっ!

 

今回から何回かに分けて、岡本製甲の足袋型シューズのこれまで積み重ねてきた研究成果を皆さんにお伝えしたいなと思っています(^^)/

 

 

 

このブログで何度も「これまで10年間、岡山大学との共同研究を積み重ねてきた」と書き続けていたのですが、

 

 

「じゃあ、いったいどんな研究結果がでてんのさ! こりゃぁ、教えんとおえまぁが!(教えないといけないでしょ!)」

 

 

という声が聞こえてきそうで。

 

まぁ、ぶっちゃけ誰にも言われてないんですけど。

 

 

 

もっともーっとラフィートの良さを皆さんに知ってもらいたいんや!どやっ!

 

 

 

 

 

はい、

 

えー、

 

 

前置きが長くなりましたが、改めて今回はジパングについての研究結果を一部お知らせしていきたいと思います(^^)/

 

 

 

さて、

先日、テレビで駅伝をやっているのを思い出してちらっと見ていたんですけど、そういえばランナーってどんな走り方してるんだろうと思って、

駅伝で苦しい表情をしながら走っているランナーをよそに足元に注目していました。

 

 

 

 

んー、

 

 

速すぎてわからん。

 

 

最近、若い女性にはイケメンな男子の「苦しい表情」たまらなくかっこいいと噂になっているっぽいですよ、男性のみなさん✨

 

 

さぁ、苦しい表情してみましょう!!きっとモテモテになれる!!

 

 

 

 

 

、、、、、。

 

 

 

 

 

いや、むしろ心配になる。。

 

イケメン限定な苦しい表情のかっこよさ。くそぅ。

 

 

 

イケメンでない現実に引き戻された筆者(´;ω;`)は意地でも足元に注目しました。

とはいえ、足元がどうしてもわからない!

 

 

仕方なく、筆者は陸上をしている友人や某有名検索サイト「ヤホー(Yahoo!)」に走り方について聞いたり調べたりしてみました(^^♪

 

 

 

 

人間が歩いたりするときはよく

「踵から着地して指先で蹴り出す」

ことが良く言われていますが、

 

走るときもそうなんかなぁ~。

 

 

聞いてみたところ、、、

 

 

「走るっていうよりも跳ぶ感じやな。」

 

 

はい?

 

 

ちなみに某有名検索サイト「ヤホー(Yahoo!)」さんでも調べたら

 

「重心を前のめりにして走る。」

 

という記事も見つかりました。

 

 

 

意味が分かるようで分かりません。

 

どういうことだろう、と思って友人に追求してみたところ、

 

 

「着地した瞬間に全身をバネみたいにして、タンッタンッタンッ!ていう感じで走る」

 

そうな。

 

 

ちなみに某有名検索サイト「ヤホー(Yahoo!)」さんはちゃんと分かりやすーく説明していました。

 

さすが、ヤホーさん(´;ω;`)

 

 

 

まぁ、要は

 

「走行による地面接地時の膝関節伸展角度は限りなく180°に近い状態、つまり最大筋発揮が行いやすい状態のまま接地、そして蹴り出しが認められるまで、最大筋発揮が行いやすい膝関節角度、股関節角度を維持しながら、遊脚しているも同様に繰り返す。」

 

 

 

こんな感じですかね、えぇ。

友人は筆者と同期で同じ研究を切磋琢磨しあった仲で、

研究らしい感じで話し合うと分かりあえるという不思議な仲間です。

 

 

 

いや、知らんし、分からんよ(´・ω・`)

てか、全然話進まんよ。(´・ω・`)

 

 

 

さて、気を取り直して、

 

 

まぁ、ざっくり言うと

「地面に着地している時間をなるべく短くして、瞬時に蹴り出す」

 

 

ことが友人が教えてくれた走り方の例だそうです。

 

 

おぉ!

考えてみれば確かにそんな気がする!?

 

踵から順番に着地して走っていたら、接地時間が長くなってしまい、その分遅くなるかもしれない。

 

 

そこで、この動画をみてください!

これはシューズを履いた時に足裏にどんな力が加わっているのかがわかる動画です。

丸印は重心移動の軌跡を表しています。

 

↓ ジパングを履いた時と一般的なランニングシューズを履いた時の足圧の違い

https://youtu.be/AhAIgH6Z9X4

 

 

どうですか?

なんとなくジパングの方がスムーズに流れていて、かつ接地時間も短いような気はしませんか?

 

 

 

 

実はこの動画は岡本製甲足袋型シューズのジパングと普段から履いているランニングシューズを履いたときの地面に加わる圧力を計測したものなんです。

 

 

特に意識して走ってもらったわけでもないのに普段から使用しているランニングシューズを履いて計測したものとまるで違いますよね!

 

 

どうして、こんな結果が得られたかというと

 

 

やはり、足袋型構造によって素足感覚になるが要因であると考えられます。

 

そして、フラット構造によって足の中足部から前足部の着地が意識しやすく、走っていても自然と足の中足部からつま先で蹴っているような感覚になるからだと考えられます。

実際にジパングを履いていただいた方の感想も

 

「前に進める感じがする。」

「身体が前傾する」

 

 

との声もいただいております(^^)/

 

 

 

しかーし!!

 

ここで、少しご注意いただきたいのは、、、

 

あくまでもこの結果は研究として現役マラソン選手数人に履いていただいただいて得られたデータということ。

 

なので決して、全ての人がこんな結果になるわけではないこと。

 

 

でも、こういった接地時間を短くできる意識付けが行いやすいというのは確かだと思います!

 

 

もちろん、この走り方が絶対に正しい訳ではございません

 

だって、走り方は人それぞれですからね(^^♪

 

 

 

いや~、

研究大好きな筆者はこのデータを観たときはテンソン×テンションがばりばり上がりましたねぇ~(笑)

 

 

こんなデータ、ずっと眺めておきたい…( ;∀;)

 

だって、全然違いがあるんすよ?!

 

 

研究して一番面白いのは、明らかな違いがあること!!

 

 

 

たまらんっす。くぅぅ~!!(楽天カードマンバリに親指を立てたうなり声。)

 

 

えー、

 

いつまでもこんな余韻に浸っていても、読者の皆さんは冷ややかな目で筆者を見下すだけなので、今回はこれにて終了にしようと思います(笑)

 

 

 

また研究マニア癖が発症してしまいそうです。

 

 

 

はい!

引き続き、研究結果をご紹介すると同時に、筆者の研究マニアぶりもばりばり感じ取ってくださいね(笑)

 

 

では、また来週~。

 

 

あけましておめでとうございます!

皆さんこんにちは!

 

新年、明けましておめでとうございます!

 

今年は戌年です!!いぇーい!!

 

昨年1年間お勤めいただきました、酉さんお疲れ様でした。また12年後に会いましょう。

 

 

そのころには私はきっと37歳になっています。うお、老ける。

 

 

さーて、今年はどんな年にしましょうか!✨

 

やりたいこと盛沢山なんですよねー!

 

 

 

筆者は昨年ドハマりしてしまった、跳び箱選手権に今年も出場していきたいと思っています!

そして、今年は海外旅行にも挑戦していけたらなーと考えています!

 

 

どこに行きたいとかはまだ決めていないけど、とりあえずバックパック一つで海外を渡りたいなと(^^)/

 

 

やりたいことが多すぎてワクワクしますね(^^♪

 

 

 

皆さんは今年のやりたいことや目標はありますか?

 

 

先の事を考えただけでワクワクします!

 

 

いぇーい!!!

 

 

 

 

 

と、2018年初っ端からテンション上げすぎなのと、新年だからといって新しいキャラでいこうか悩んだ結果、ブレブレにな感じになっています。(笑)

 

やっぱ、いつも通りでいきましょか、えぇ。

 

 

 

新年一発目は盛大に!!

 

と言いたいところですが、、

 

 

 

今回は新年の挨拶ということで、簡単にしておこうかなと(^^)/

 

 

 

 

 

 

まぁ、私のプライベートなお話になってしまうのですが。

 

 

 

 

年末年始は広島の実家に帰って、久しぶりに家族で団らんをとっていました。

 

 

帰ってくるなり、筆者の親父が一言。

 

 

 

 

親父:「陸王の影響はどんなだったん?(広島弁)」

 

 

 

もちろん、好評であったことを伝えて、母親や兄弟にもその話で持ちきり。

 

 

実は筆者の親父は20年以上、休みの日には近所をランニングするほど走ることが好きな人で

今回の陸王を観て、足袋型シューズのことが気になって仕方がない様子でした。

 

 

もちろん、陸王も全話観ていたそうな。

 

 

なので、全部録画しているんだろうなー、なんて期待を抱いていた筆者。

 

実は筆者、仕事やら何やらでまだ全て観終えていないんです。

 

筆者:「陸王、録画しとるんじゃろ?」

 

 

そうすると、

 

親父:「当たり前じゃん、全部録画したけんのお!」

 

 

 

 

良かった。

 

 

これで、見落とした回の放送が観れる(T_T)

 

 

 

 

 

すると、

 

親父:「ちゃんと1話~4話まで録画した!」

 

 

 

筆者:「!?」

 

 

 

 

「岡本製甲が映っとったのが4話までしかなかったけぇ、後の放送は全部消したわ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

このオヤジーーーー!!!!

 

 

とんでもない人がここにいました。(笑)

 

 

確かに、

 

 

確かにですよ?

放送最後のクレジットに岡本製甲の名前は確かに載っています。

 

 

 

しかし!!

 

 

 

 

クレジット、なんも変わらんやん……(´;ω;`)

 

 

 

なんで4話残して、他消すんや。(笑)

 

なんでやねん。くそぅ。( ゚Д゚)

 

 

結局、筆者は見落とした回を観れずに岡山へ戻ろうとしています。

 

 

 

 

けど、その話のやり取りを聞いているとなんだか嬉しかったりもしました(^^♪

 

 

 

実は自分が大学生を卒業するまでは本当に仲が悪くて、同じ家にいても話すことはほとんどありませんでした。

ですが自分が岡本製甲に入社してから、自分自身の心の変化や、親父も心の変化があったのか今ではすっかり仲良くなっています。

 

そして色んな所で会社の名前だったり、筆者がメディアに出たりと色んな所で活躍している様子を母親伝えで聞いていたそうで、今ではすっかり足袋型シューズに興味津々みたいです(^^)/

 

 

 

こうやって久しぶりに実家に帰って話をすると、色々と懐かしい話も出てきたりと落ち着きますよね(^^)/

 

 

やはり家族って大切です!

 

 

 

面白い話も聞いて、実家でエネルギーも充填したので今年のブログも皆さんにたくさんの情報をお伝えできるように頑張ってまいりますので、変わらずブログをご覧いただけたらと思います(^^)/

 

 

 

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします!